本文へスキップ

クロスステッチ刺繍のいろいろなこと。

お問い合わせは メールで メール こちら

クロスステッチの刺繍布について

クロスステッチに使われる布

目数を数える刺繍に、主に使われる布のタイプ

 アイーダ 
アイーダ
 ジャバクロス
ジャバクロス
リネン
リネン
張りのある風合い。
目数も数えやすく刺し易い。
アイーダに似ているが柔かい布。
クッション等に仕立てやすい。
自然な風合いが素晴らしい。
目数の数え方が少し難しい。
写真の図案を刺すのであればリネンは避けたほうがよいでしょう。リネンの場合、布の性質上、
縦横のマス目の比率が異なる事があるため、刺し終えた時に図案のイメージが異なる場合があります。
ウェルカムボードのような額にする場合は柔らかいジャバクロスよりも張りのあるアイーダをお勧めします。

布目について

布目サイズによく用いられる表記にCT(カウント)というのがあります。
これは1インチ(2.54cm)の布幅の中にある目数を表しています。 
 14ct ・・・1インチ幅に14目   インチをセンチに言い換えると→  10センチ幅におよそ55目
 16ct ・・・1インチ幅に16目  10センチ幅におよそ63目
 18ct ・・・1インチ幅に18目  10センチ幅におよそ71目

布目サイズによる出来上がりサイズの違い

例)ステッチ目数が20目×18目の図案を刺す場合
(布目) 使用布サイズ   仕上がりサイズ(計算値)
粗い 14ct の布で刺すと 3.6cm×3.3cm
16ct の布で刺すと 3.2cm×2.9cm
細かい 18ct の布で刺すと 2.8cm×2.5cm

 例)20目×18目の図案
20目×18目の図案
同じ図案(ステッチ目数が同じ図案)を大きめに仕上げたいなら14ct、小さめに仕上げたいなら18ctの布で刺繍する事により出来上がりのサイズが変わります。

同じ図案(ステッチ目数同じ図案)を異なるカウント数の布で刺したとしても、出来上がりサイズが変わるだけで繊細さは変わりません。
 14ct  3.6cm×3.3cm
14ct で刺繍した様子
 16ct  3.2cm×2.9cm
16ct で刺繍した様子
18ct  2.8cm×2.5cm 
18ct で刺繍した様子